チキンエッセンスと美容
コラーゲンを美容目的で飲んでいる方が多いと思います
錠剤とドリンクなどのサプリメントで飲んでいる方が大半だと思います

コラーゲンは お肌にいいもの、必要なもので
毎日続けることが大切なので余計なものが入っていないものを選ぶのが
一番大切です
食べることも好きな方は、チキンを丸ごと煮込んで 「お腹いっぱい」
にならない程度に食べてくださいね
チキンは すばらしい蛋白源でありコラーゲンが摂取できる
健康になる食材です
チキンエッセンスなのですが、チキンコンソメ、鶏がらスープとして
販売されているものには 良質の肌によいチキンコラーゲンが凝縮されているものが
あります
『ブランズ・チキンエッセンス』がとても質が良いチキンスープです

『ブランズ・チキンエッセンス』のすばらしさは コラーゲンだけではありません
アンセリン、カルノシン(イミダゾールジペプチドにもあります。
たんぱく質が分解されて吸収されやすくなった栄養素が含まれていますので、
お肌のためにも、滋養強壮のためにも効果が期待できると思います。

味がよいのは続けられる絶対的な要素ですが、いろいろと応用が利くのも嬉しいです

スープやおみそ汁などに入れて飲める。
お湯で4〜5倍に薄めて好みで、塩コショウで味を整えれば、美味しいチキンスープです。

ラーメンやスパゲッティー料理に隠し味として使用しました。美味しいです。
料理そのものの味を損なうことなく、サプリとしても続けられます。

動物性タンパク質が美容にいいけどカロリーが気になる
ブランズのチキンエッセンスは、なによりも、糖質、脂質がゼロです。
徹底して油抜きされています。
良質のタンパク質だけが摂れます。

体の不調、原因がハッキリしない、冷える、むくむ、そして
目がくぼむ、急にシワができたなど
病気とは診断されない悩みは誰にもあります。
こんなときは、タンパク質を考えてみることが基本ですね。
ビタミンやミネラルは酵素の補酵素です。
元になるタンパク質が不足していると改善はありません。
寒い季節にかかわらず、鶏で水炊きをしたりして食べるのもよいですね。
そして、速攻で美を追求するならば チキンのエキスも価値はあります
イミダゾールペプチドが美容の鍵に
アンセリンとカルノシン【イミダゾールペプチド】は、
β-アラニンとL-ヒスチジンが結合して出来た
動物由来のヒスチジン含有ジペプチドです。

【イミダゾールペプチドの作用は】
ヒトの体のpH値の正常化金属キレート作用
活性酸素を消去する抗酸化作用があることが知られいて、
アンセリンとカルノシンは、次のような作用をもちます。
  • 激しい運動や酸素消費の高い脳や筋肉の組織を保護する作用や
    抗疲労作用
  • 必須微量金属ミネラルの運搬作用
  • 活性酸素を消去することで老化を抑制する作用
さらに、最近では糖尿病関連の病気の原因となる高血糖と、
酸化ストレスで生成が促進される物質、
これらの生体内生産を抑制する作用が期待されています。

「イミダゾール・ジペプチド」について詳しくはこちらから
 http://www.cinron-biomed.com/history1.html##1

チキンエッセンスのパワー
美容研究会が注目しているチキンスープは
東南アジアを中心に年間1億6000万本を超える驚異的な販売量と
人気を誇る滋養・栄養ドリンクです。

【チキン・エッセンス】は、そのままでも、
冷やしても、暖めても、美味しくいただけます。
また、水で薄めて温め、ネギ、コショウなどを加えてスープとして
美味しくいただくことができます。

鶏ガラスープとは違う「内臓を抜いた鶏を丸ごと使うチキンスープ」。
中国では薬膳料理として4000年前から、
西欧では160年前頃から
“自然のペニシリン”とも呼ばれカゼ薬代わりに使われてきました。
鶏ガラスープの替わりに調理に使うと、
美味しく栄養豊富な逸品ができます。
チキンにはこんなパワーがあります

 ●基礎代謝があがり美しいお肌をつくる要素になります
 ●タンパクの不足を補いますので 目がくぼむなんて方にはお勧めです
 ●母乳分泌促進 妊娠期の栄養補給に
 ●貧血防止に
チキンエッセンスに含まれる美容成分
高タンパクで低脂肪のチキンは、肉類の中ではヘルシーなタンパク源です。
さらに最近の研究により、チキンのよさが改めて解明され、
わかってきました。
それは、
シミやシワそして、老化に深く関わる活性酸素を撃退する
抗酸化物質「アンセリン」と「カルノシン」
です。

アンセリン
アンセリンはガチョウの筋中から最初に発見されたもので、
ウサギの筋肉中に多量に含まれています。
ウサギ以外ではカツオ・マグロ・サケなどの大型回遊魚、
そしてチキンに多く含まれています。

カルノシン
カルノシンは肉のエキスの中から発見されたもので、
牛や豚、それにチキンに多く含まれています。

動物性食物由来のアンセリンとカルノシンを同時に多く含む肉はチキン
チキンが最も効果的な食材といえます