ニオイと自律神経
   ニオイの感じ方  詳しくは http://kanpoubiyouken.p-kit.com/page231835.html  ID 171 PASS 171        
 
嗅覚はにおいに対する感覚で多くのひとは数千種類のにおいをかぎ分けることができます。
鼻腔内の嗅粘膜には基底細胞支持細胞とにおいを感じる嗅細胞
(直径40−50ミクロン)があり、人では約4000万、においに敏感な犬では約10億の嗅細胞があります。
嗅細胞の先端からは10−30本の線毛(100−150ミクロン)が生えており、
におい物質にふれることによってそのにおいに対する感覚が生じます。
線毛にはにおいに対する受容器があります。
嗅細胞は外界にされされている神経細胞であり、2,3週間の寿命しかありませんが、
基底細胞が分化して新しい嗅細胞となります。
嗅粘膜は粘液でおおわれています。
この粘液はボウマン腺(Bowman's glands)から分泌されます。

においに対する感覚は順応を起こしやすく、
長時間同じにおいをかいでいるとしだいにそのにおいを感じなくなります 

 ヒトの場合
目と耳からの情報を優先して 外部からの情報を得て 脳が情報処理します
梅干を口に入れただけで 唾液が出る
音には敏感に反応しますね
触覚 嗅覚、味覚は案外鈍いものです
ニオイに対しても 各ニオイ別に神経伝達の優先順位があります
ニオイは食べ物を探しそしてそれが腐っていないか?
それを判断するための五感の一つです
ヒトの場合 視覚と触覚で物は見つけることができます
味覚と嗅覚で食べ物の腐敗を判断します
食べ物が発酵したり腐敗し始めると 酸のニオイがし始めます
,垢辰僂ぅ縫イや腐敗臭に対しては 神経の感度が高く設定されています
他の動物におそわれては困るので ⊇辰僚い に対しても 高感度な神経を使います
また子孫を残すためには パートナーを見つけないといけません
性腺から分泌される臭い対しても感度が高いです
´↓はすばやくカラダが反応できるように交感神経が優位になります
花の香り 葉っぱの爽やかな香り 木々が出す 新緑の香り
美味しそうな甘い香りなどは じっくりと匂いを楽しむものです
感度は高くなくてもいいわけです  副交感神経を優位にする香りです
アレルギ―疾患の方の対処方法

アレルギ―疾患の方の対処方法

小麦とカビに対するアレルギーが起きているヒトには

予防の為にはルイボス茶を使い、治療には PAQを使う事が多いです

何故でしょうか?

 

日常的に、小麦粉をどのようにして保存しているか?

小麦粉というか ホットケーキミックスやお好み焼きなどを作るときの

粉物 これは油と小麦粉を混ぜた状態で販売されています

風通しのいい場所に置いていない場合が多いですね

桐の戸棚ならば良いと思いますが 持っているヒトいないと思います

クローゼット、食器棚の壁が塩ビなどですから 

電位が高いので絶対にカビが生えやすい環境なんですよ

食品の保管が悪いので そこに、カビや細菌が発生してしまうのですよ

シンクの下に食材なんか置いたら最悪ですよ

←冷蔵庫に保管してもダメです 冷凍庫はOK

出しイリコなども同じですが 冷蔵庫と外気の温度差で袋に結露が生じますね

湿気でカビが生えてしまいます

缶に入れて シリカゲル入れて蓋をしていますか?

ジップロックに入れているヒトが多いでしょう

 

酵母菌 真菌類は 脂肪酸を従属栄養素として増殖します

結露→カビ発生→食材中の脂肪分の分解

脂肪酸の分解産物やカビが作り出す物質が腸管や粘膜に炎症を起こします

炎症を起こした粘膜から 分子量が多いタンパク質は体内に取り込まれてしまいます

リーキーガット症候群

一度免疫細胞が抗原を提示して 小麦タンパクにフラッグが立つと過剰な免疫反応が起こってしまいます

食材の保管方法に気がつかない主婦は同じ事を繰り返しています

食材にカビが付着した状態で調理したものを食べ続けているはずです

当然 腸管内には真菌類が棲みついています

何故 ルイボス茶はいいか? ←タヒボでも良いです

茶殻に カビが生えないお茶です

セスキテルペンの働きのようです

緑茶の茶殻やコーヒーの豆かすには カビが生えるでしょう

話は飛びますが シースカイゲルにも ファルネソール入れてます 

これは皮膚のカビが生えないように入れてます

 

ピーナッツの皮 PAQは何故って?

花粉症をはじめ アレルギーの人は 脂肪の取りすぎのヒトが多いんですよ

渋いものは 腸管にこびりついた脂肪を収斂させて排泄します

ここで 脂肪を餌にカビが増殖する話に戻るんです

腸内環境のお話をまた書かないといけませんね!

 

化学調味料や臭いニオイと脳ストレス
化学調味料は 「頭が良くなる」と言われた時代もありました
旨味調味料は今では当たり前のように使われていますが
使いすぎるとどうなるのでしょう?
特定の成分が入ったものは 自然の食材が持つバランスを持っていません
大量に使う 頻繁に使うことで 脳はトレランス【 寛容寛大; 雅量包容力 】を起こします
旨味は本来脳が喜ぶ信号のはずなのですが
トレランスによって 信号を受け取る感度が下げられてしまいます
本当に美味しいものを食べても 信号があまり届かなくなり
脳がストレスを感じます

これと同じようなことが ニオイでも起こります
例えば 工場地帯に住む人は 自分が住んでいる市町村の臭いニオイに気がつかなくなります
ヒトの体に危険知らせるサインである 不快なニオイであっても 
強くて頻繁なパルスが脳刺激しても 脳はパルスに対して回線をOFFにしてしまうのです
臭いニオイが人体に良いものでないということに違いがありません
臭いニオイの元である化学物質が呼吸によって 肺から入ってこないように
脳は呼吸を抑制します 自然に浅い呼吸になっています
呼吸は 吸うときに交感神経 吐くときに 副交感神経が働きます
交感神経が刺激されると 脳に血液が集まるのですが
脳はオーバーヒートを起こしますので ストレスが溜まるのです
 
コロイドヨードと免疫について
コロイドヨードをガンの治療に使う意味について
コロイドヨードは生体電流の正常化するという事を知っておいてください
人の身体は電気エネルギーで動いていることはわかりますね!
重金属は生体電流を消耗する話をしたと思います
重金属は白血球の活動を弱らせてしまうのです
白血球は電気エネルギーチャージしておいてそれを放射し
ウイルスなどを破壊する作用も持っているんです
重金属があるとそこにはウイルスが棲みつきやすい環境ができます
ガンもウイルス性のものもありますから
ガン細胞やウイルスの居心地が悪い環境を作ってあげる必要があります

コロイドヨードはどのような作用があるかと言うと
重金属の酸化状態を還元する作用があります
白血球がガンに対して攻撃するためには 武器が要るんですよ
好中球が活性酸素を出すのです
活性酸素種を作るには必ずある特定の光の波長が必要になってきます
過酸化水素やオゾンを作る時には 紫外線領域の光
Σ1重項酸素やΔ1重項酸素は赤外線領域の光が要ります
このような光学エネルギーを太陽から集めてくるためには
海藻や植物の色素などが必要です
ポリフェノールやコエンザイム(キノン)などがガンに効くのは当たり前の事です
でもエネルギーをチャージした状態で飲む必要があります

ヨードはすべてに万能と言うわけではありません
値段も高いから少しでも安くて効果が出るようにするには
ヨードが重金属に与えた電子を補充してあげる必要があります
水素のアニオンを入れてやるとヨードが失った電子を水素が補給します
電子の授受については 以前説明したと思います
水素のアニオンが持つ マイナスの電子は ピアソンのHSAB則のソフト塩基です
重金属のプラスイオンは ソフトな酸です


 
軟膏の基剤には気を付けるべし
軟膏の基剤には気を付けないといけませんね
ワセリンは 油性が強くて皮脂膜が奪われます
それだけではではなくて重金属を十分に除去していないから困るんですよ
皮膚が再生する時にはマイナスの電荷が必要です
皮膚再生に必要なマイナスの電子を重金属が消費してしまうから傷が治りにくくなるんです
切り傷や火傷などでしたら サメミロンを塗って傷が再生しますね
サメミロンの分子構造のイソプレンの二重結合の部分に秘密があります
二重結合の π電子が電子を供給するからです
イソプレンは非共役二重結合のπ電子ですからエネルギー準位は高いので
生体組織が失った電子を供給する能力が高いんですね!
でもサメが効かない場合があるでしょう

π電子はp軌道の電子です
d軌道の電子が奪われた場合には電子を供給できないわけです
重金属のクロム コバルト ニッケルなどを例にします
クロム コバルト ニッケルは酸化されると d軌道の電子を失うわけです

亜鉛が入ったものを使うと皮膚の再生が速くなることはご存知ですね!!
亜鉛は d軌道に 10個の電子がありますから
d軌道の電子を失った クロム コバルト ニッケルを還元します
このような場合はサメではダメなのは次の理屈です
d軌道からはd軌道に電子が供給されるのですよ
p軌道よりd軌道の方がエネルギーが高いから 
エネルギーは低い所から高い所には移れないんです
ワセリンを大量に塗り続けている場合は皮膚に重金属が溜まっていると思って下さい
酸化して皮膚にこびり付いた油は シェイクシェイクローションで溶かして排泄できますが
クレイは重金属は捕獲しにくいから 中から何か飲むように指導して下さい
シャンプーやリンス 洗剤なども質が悪い油から出来ていますので
重金属による汚染が懸念されます
マーガリンを作る時にも 触媒としてニッケルを使いますから十分注意しましょう

 
紫宝石で発疹?毒素が出たのでは!!

なみぞうの所のお客さんですが

見るからに 毒素がいっぱい溜まっていて浮腫んでいるんです

これだけむくんでれば毒素いっぱい持ってるから、
紫宝石を温めてお腹や背中 膝裏に当てていると発疹で出てくる可能性は十分ある。

<この方、リウマチ(今は落ち着いてるが)のお客さんです

リウマチ、膠原病の人は 病気が起こる原因を考えると重金属が関係していることが                          多いんです
重金属は 食物から知らないうちにカラダに取り込まれています

←ここは自分で調べてね!

重金属は カラダに取り込まれても 筋膜組織によって封印されています

筋膜はお肉で言うと「ミノ」のような部分です コラーゲン組織が固くて丈夫な組織です
歯の詰め物には水銀が使われますね 重金属である水銀は 蛍光灯の内部にも使われていますね
蛍光灯に電圧をかけると 電子は励起しますね

励起した電子が光としてカラダに照射されると 水銀が出したエネルギーは水銀が吸収するんです

←キルヒホッフの法則を参照

体内の水銀に電子が衝突します 波長が短い光は水銀の電子を弾き飛ばします

体内の水銀は酸化され、プラスに帯電する訳です

これを還元して元に戻すには 生体はかなりのエネルギーを要するので
エネルギー不足で 体のいろんな部位の動きが悪くなってくる。

←これは ファラデーの法則をもう一度勉強して下さい

酸化した重金属は異物と認識され 白血球により攻撃されるので、
関節にたまってれば関節が攻撃される(リウマチ)。

膠原病の膠原組織とは 重金属を封印している筋膜だと思って下さい

粘膜に溜まれば シェーングレンと病名が変わるわけです

ちなみに重金属は硫黄にくっつくから、
硫黄泉でリウマチがよくなるのは そういうわけ。

またクレソンやブロッコリー ニンニク、西洋山葵も同じ原理で重金属排泄をします

リウマチ治療薬 リマチル メタルカプターゼ ←同じ原理

またシオゾール(金製剤)を使うが、
金は還元力が高く、重金属が還元されるから効く人がいるわけです
 

話は外れますが ガンやウイルス疾患の原因には 重金属が引きがねになる事がありますね
ヨードミネラルがガンに効くパターンは
ヨードは重金属と不溶性の塩をつくって析出し、白血球が貪食して外に排出できるから、
末期がん治療に使う場合があるわけです


このお客さんの場合、毒がたまりすぎてるので
足の甲に20分クレイパックするかクレイを入れた足湯でゆるやかにデトックスするか。

紫宝石は熱して使うと、
今回のように毛穴に残ってる毒素が急に出てきて発疹を起こしたりするので、
熱さず常温で使うとじっくりデトックスされる。

他には、
ハーブウオーター(ローズマリーなど?)←ジュニパーやセージ
孟宗竹のバンブリアンの内服やアサジー水の湿布もいい。

静電気はもともと持ってる体質の人っていうのはおらず、
着てるもので起きるので、帯電率の表を参考に重ね着をする組み合わせを考えてあげるといいですよ
 

電磁波で漢方薬の効果が落ちる
ササヘルスに電磁波を当てたら味が変わるのは紹介したと思います
ササ以外でも電磁波の実験ができます

救心感応丸氣もそうです
 感応丸氣は携帯電話では 味は変わりませんが
強い磁気によって香りがしなくなります
N極の上におくと 空気中に香りが拡散します
S極の上におくと なめた時に香りがし始めるのに時間がかかります
 フェライト磁石ではわかりにくいので サマリウムコバルト磁石等で
 実験してみて下さい
>ジスプロニウムやサマリウムコバルト磁石はヒトの神経もぶっ壊します
 眉間に当ててみたら 一発で目まい起こるから勇気が合ったらやってみたら
>何を言いたいかわかりますよ
 携帯電話のバイブレーターには
 ジスプロニウムやサマリウムコバルト磁石を使用しています
磁束密度が高い +高周波= 電流
これを抜いてやらないといけないんです
話は戻りますが
感応丸氣が効かなくなる保存方法は小銭の中に入れておいた場合
電気エネルギーを使いお果たして 効果がない状態になっています 
その時は おしっこみたいな臭いになっています
お店でどのような環境に置いてあるか 大事ですよ
ローズ水もすぐに変化します
例えば 邪気が多い人がボトルを持っただけで
花の香りが 葉っぱの香りに変化します
芳香蒸留水もデリケートです

 
皆さんからの質問
1・尿取りパットについて、ポリウレタンが×とお聞きしましたが
  その理由を教えてください。

表面材: ポリオレフィン/ポリエステル不織布
吸水材: 綿状パルプ/吸収紙/アクリル系高分子吸水材
防水材: ポリエチレンフィルム
伸縮材: ポリウレタン
結合材: スチレン系エラストマー合成樹脂などでできています
これらは 吸水した時に 吸熱反応を起こしますので
陰部 粘膜に当てていると 冷えていきます
冷えるという意味です
生理用ナプキンを止めただけで生理痛が消える人があるぐらいです
http://sakura-cotton.shop-pro.jp/


2・おなかにカイロを貼るのは×とお聞きしたがなぜか?
へその下は温めてもいいが へその上は温める場所ではありません
へその上は神経が集まっているので温めません
また赤外線にはある特徴があります
鉄が出した 赤外線は鉄が吸収します
水が出した赤外線は水が吸収するんですよ 共鳴共振するんです
おなかには脂肪が多いけど赤血球は少ないです
あったとしても脂肪細胞中の白色細胞 褐色細胞の中の鉄です
滞留していないから火傷します
背中や骨の髄は鉄が多いから熱が伝わりますし
熱だけでなく酵素反応が触媒されて元気になります

3・胸の辺りにネックレスはいいとお聞きしましたが何故ですか?
  つけるとしたら金?プラチナ?そのほかのもの?

人の体は電磁エネルギーに対してとても敏感です
貴金属類 鉱石類は自分のエネルギーに合ったものを使うといいです
卑金属はつけないほうがいいです
化学的には、イオン化傾向が水素より大きく(安定性が低い)、空気中で熱したりすると容易に酸化される金属だからです
貴金属は 電子をリッチに持っています
還元作用があるわけです
シューマン振動や音叉など音の勉強をすると良くわかると思います

http://www.lirico.jp/EnergyWorkFrequencyHuman.html  参考までに

4・乾癬症は先生でしたらどのように治療されますか?

乾癬で多いパターンは脂溶性物質が体内に蓄積した場合が多いです
体内に蓄積した脂溶性物質よりもより油性が高い物質で除去しようとしているのが
病院ですね
例えば ビタミンA誘導体 チガソン http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se31/se3119001.html 参考
      ビタミンD誘導体 ボンアルファ http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2691700.html 参考
分子量が大きい油を使い 工業製品が作られています
どのような仕事 環境で生活しているか聞きます
汚染物質をいかに対外に排泄するかが問題なんです

当店では ステロールの骨格を含む物質を多く含む キノコの子実体製剤
      牛蒡 椎茸 大根 人参のスープ http://www.yasaisoup.jp/ 参照
温熱療法などを組み合わせています
今ちょうど 重症患者に対応していますが
入浴用の洗浄液でかなりきれいになっていますよ


5・口内炎が治りません。オイスターやチョコラBBを飲んだりしても
 一瞬だけよくなったかな?と感じるだけでやはり治りません。
 どうしたらいいでしょうか。ちなみに数年前に肺がんを患いました。

歯の詰め物をチェックします

 口腔内の人工の被せ物や詰め物や充填物の金属イオンの溶出状態を測定します
各種アレルギーは様々な要因によって引き起こされますが、歯科の補綴物や充填物に用いられている金属合金に起因するものも少なくありません
 口腔内に電位の異なる異種金属が存在すると、唾液を電解質溶液として金属イオンが溶出し、
   金属の腐蝕が起こることがあります。 また、口腔粘膜自体も電極となり、金属の電気化学的な溶出を促します。
溶出した金属イオンは 体内では分解されず、タンパク質と結合して体内に存在する間にアレルゲン(アレルギーの元)となる可能性があるため、
口腔内での金属の 溶出傾向を知ることは大変重要です。
 合金のもつ主要元素(ニッケル・クロム・コバルト・パラジウムなど)が、金属アレルギー等の病気をはじめ、
多種多様な病状を引き起こすことがあります。それらの病状は口腔粘膜の痛みや酸っぱい味覚として感じられ、
さらには、歯肉炎症状から全身症状にもおよぶことがあります
 
紫宝石の耐熱袋
同じ重さの鋼鉄の約5倍の引っ張り強度があり、
軽く、伸びにくく、熱や摩擦、切創、衝撃にも強く
電気を通さないなどの特性をそなえています。
http://www.td-net.co.jp/kevlar/
最初 オーガニックコットンに袋を入れたら
コットンは熱には弱かったので使えませんでした
また袋を二重にしたら 石からの近赤外線が弱まり効果が落ちました
石の粒子の大きさも重要なファクターです
大きすぎると 石同士の隙間があり加熱に時間がかかります
小さいと温まるのは早いのですが表面積が大きくなるために
冷めるのが速くなります
現在 小さい粒子の物を モニタリングしています
使用する石の量や配合をしてみております
眼に当てると視力が回復してきます
ただし石を除けた直後は逆に目がぼやけるので
対策を考えています


 
PCOS治療
相談例です
私みたいな多嚢胞の場合は、
未熟で退化した卵胞が(見えないけど)卵管に渋滞してるから、

多嚢胞+卵管の通りが悪い場合
排卵した後 退化した卵胞が卵管にも残ります
卵管は卵子が通過する時にヒダが伸びて
まるで蛇が卵を飲み込んだ時のように広がります
その広がりが悪くなっています

クロミッドのんだらよけいつまっちゃって
 卵巣腫れるからダメ!ってこともありますね
FSHのフォリスチムは 閉経後の外国人の尿からつくってるし
プレマリンは妊娠中の牝馬の尿からつくってるから
そんなの飲みたい?わけないです
馬は 500kgもの体重に達する動物ですよ
そのホルモンを人に使って何が起きるかわからないでしょう

閉経後の尿からホルモンをとっているということは、
ホルモン自体は一生つくっているということ。
ただし、ホルモンをカギとするとそのカギ穴が減ってくるからホルモンの作用が落ちてくる。

カギ穴が壊れてくるというか
環境ホルモンなどホルモンかく乱物質が鍵穴に引っ付いて
スイッチを押しっぱなしの場合はガン
スイッチは押さないけど引っ付きっぱなしになると
ホルモンの応答に答えれなくて
内膜が厚くならない
こんなことが起こるんですね!
たかがプラスチック 化粧品の添加物と侮ってはいかんのです
ホルモン自体を補給するのではなおりません
ホルモンは受容体に対して優しく結合 解離します
人の鍵穴よりも 少し分子量が小さめで脂溶性が高い植物ホルモン
それがイソフラボンですよ
イソフラボンを使って鍵穴を掃除してあげるわけです

カギ穴を増やすにはカギ穴は筋肉にあるから
筋肉をつける必要がある。運動大事。

ホルモンが作用する場所は ミトコンドリアではなくて
筋肉組織 粘膜などですね
下半身に筋肉が多くあるから
筋肉が増えたら鍵が作用する鍵穴が増え→鍵も必要になり
ホルモンが増えるように脳が指令を送るわけです