無添加、自然派化粧品、オーガニックコスメの違いについて
無添加、自然派といいながら、少しだけ植物エキスが入っただけで
肌にとって危険な合成成分を多く含む化粧品が多いのが現状です
無添加化粧品=合成成分がまったく入っていないわけではありません
無添加=安心というわけではないのです
旧厚生省が指定したアレルギーの危険性のある化粧成分102種類を入れていなければ
無添加化粧品と記載できます(防腐剤のパラベンは102種類に含まれます)
フェノキシエタノールなどは 102の『表示指定成分』以外ですが
肌トラブルを起こしやすいことが知られています 
 
自然派化粧品は、植物エキスを抽出した成分を多く使った化粧品ということになりますが、
これもパンフレットの言葉だけではなくラベルをしっかり見てチェックする必要があります。
自然のエキスはほんの少しで、ほかの成分はいろいろと不安な化学物質になっているという製品も多いからです